2010-07-22  小林幸子さんの特別公演を観て涙・涙…

7月22日(木)
今日は、ラジオの生放送の後、PM5時から、現在、御園座で大好評公演中の
小林幸子さんの特別公演を観て参りました。



今回は、第一部がお芝居
『かあちゃん』
そして、第ニ部が歌のステージ『
‘10 華麗なる幸子の世界』です。





お芝居って不思議です。
ストーリーとは違うのに、場面、場面で、自分の人生とオーバーラップする瞬間があるのです。

今回のお芝居は、戦後、我が子と、身を引き裂かれる思いで離ればなれになった母親が、悲しみを押し殺して、明るく、気丈に、そしていつも笑顔で前向きに生きる、心温まる物語です。

私の母親も、苦労人で、歯を食いしばって、いつも明るく前向きに生きてきた人です。
その母の姿が、小林幸子さん演じる「かあちゃん」と重なり、せつなさと敬意で、涙が溢れて止まりませんでした。

どなたにもお母さんがいて、その母の姿の中に、苦労と引き換えに自分を育ててくれたかけがえのない愛情を感じることと思います。
この作品は、一人のかあちゃんの人生を描いていますが、誰が見ても、ご自分のお母様を感じられる作品です。
せつない涙は、やがて、感謝の涙へと変わり、幕が降りました…。

30分間の休憩は、御園座の地下食堂街へと足を進め、美味しそうなラーメン屋さんに入店。
あっ!うちの番組の色紙が!
『信長ラーメン』さんです。



激辛ツウの私が注文したのは、こちら~



さて、休憩時間も終わり、第二部の始まりです。

『華麗なる幸子の世界』のタイトル通り、小林幸子さんのワールドツアーのようなステージでした。

これだけ、曲ごとに素晴らしい衣装の数々に着替えられるスターは他にはいらっしゃらないのでは?と思うほど、衣装の枚数は、数え切れませんでした。聴きごたえはもちろん、見応え大満足のステージです。

ヒット曲はもちろん、第一部『かあちゃん』のテーマ曲
「母ちゃんのひとり言」が心にしみました。そして、「白いゆげの歌」も、母の味をやさしく、温かいメロディーにのせた素敵な唄でした。この2曲は、シングルとして、発売中です!ぜひお聴きになってください。
今年の紅白は、このどちらかな…?

そして、天に昇る幸子さん、海底を舞う幸子さん、演出も豪華絢爛で、
最後には、な・な・なんと!あの、話題の『メガ幸子』登場っっっ!

1か月、ほぼ毎日、そしてほとんど1日2公演。
これだけ多くのお客様が来場されるわけですから、頑張るしかないのでしょうが、それにしても特別の使命を持って生れてこられた方なんだと感じました。
6月23日には、アルバム
「小林幸子 ヒット曲集2010」もリリースされた小林幸子さん 。
御園座 小林幸子特別公演は、7月31日までです。


                     7月22日 神野三枝


2010-07-11  色々でした。この週末は~

7月9日(金)ラジオ番組に
nobodyknows+のDJ MITSUサンと ノリ・ダ・ファンキーシビレサスさん
がゲストに来て下さいました。

6月24日にチアドラゴンズ2010・オフィシャル・テーマソング
『Winds of WinS』を中日ドラゴンズショップ限定販売でリリースされての、プロモーションです。

さらに、ノリ・ダ・ファンキーシビレサスさんは、8月15日(日)に開催される「今池プロレス商店街3」にレスラーとして出場されるそうで、話がプロレスに及ぶと、なんと、放送中、ノリ・ダ・ファンキーシビレサスさんが私にプロレス技をかけ下さったのです…


「イテテッッッッ~腕が折れるッッッ~顔がヒン曲がるッッッ~!!!」

ぜひとも、本番では勝利を!皆さんも、是非、応援にお出かけくださいね!

さて、夜は、ナゴヤドームにプロ野球、中日対巨人戦を観戦に行きました。



なんとグッドタイミングなんでしょ~!
今日プロモーションに来てくれましたnobodyknows+の『Winds of WinS』を球場で聴けるとは!
チアドラの華やかなパフォーマンスが試合開始を盛り上げます!



「吉見さ~ん!頑張ってくださ~い!」



そして、放送中継ブースを双眼鏡で覗くと…「おおっ!」



村上アナウンサーがすでに、生放送中!「村上さ~ん!頑張って~」


試合はドラゴンズの勝利!「ヤッタ~!」
ちょっと感動した事…2人の堂上選手の兄弟愛
守備から戻って来る堂上直倫選手を、ベンチ前で兄の堂上剛裕選手が出迎え、二人はハイタッチをして目で語り合っていました。この日、堂上直倫選手は守備でミスがあり、それを励ますかのように兄の剛裕選手が無言のハイタッチをしたのです。真意の程は分かりませんが、私の眼にはそのように映りました。そして、後半ピンチヒッターで打席に立った兄の剛裕選手。
みごとにヒットを打ち、チームに貢献!「お兄ちゃん、かっこいい~」
兄弟そろって、ガンバレ~!!


7月10日(土)
舞台『怪談 牡丹灯籠』を観てきました。



港文化小劇場開館15周年記念公演(市民参加)
DORAMAYA HONPO 第12回公演 ~十周年記念・其の二~の舞台です。
ドラマヤホンポは、2000年に名古屋を基盤に演劇ユニットとして発足され、とても高い芸術性と娯楽性を融合していると評判の演劇集団です。私の事務所の先輩、小島範子さんが所属されており、今回小島さんはお峰の役どころ。人間の欲と、執念、嫉妬、そして怨念と…、果てしなくおどろおどろしい物語です。
でも、人間の面の皮をベロリと剥がすと誰の心の中にも潜んでいる内に秘めた部分でもあるような…。面白すぎて、目の離せないお芝居でした。

そして、夜…
北野武監督作品『アウトレイジ』を観てきました。
タイトル文字を黒塗りの車の俯瞰(ふかん)ショットにのっける感性は、さすが芸術家の監督です。印象的だったのは、椎名 桔平さんの濡れ場シーン。命をとられる覚悟を決めた、人間の野性と本能がみごとにセリフ無しで描かれたカットでした。
タイトル通りのバイオレンス映画に、直視できないシーンもたびたび。
考えさせられたのは、人の欲と仁義は裏腹であるという事です。
誰かの為にという、その忠誠と仁義は、自欲の上に成り立つもので、結局最後は、誰も浮かばれやしない…。という事でしょうか。


7月11日
大相撲名古屋場所が始まり、参議院選挙の投票日。
投票の為に朝からインターネットでマニフェストマッチをしてみたり、各党の公約、立候補者のホームページをおさらいしたりとあれこれ悩みつつ、結局、投票所に向かったのは、夜7時半でした。
家に戻ると、もうテレビでは開票速報が始まっておりました…。とにかく一刻も早い景気回復に即行着手してくださる事を願うばかりです。

この週末は、見どころ、感じどころ満載の休日でした。

                     7月11日 神野三枝