2010-10-17  第56回名古屋まつり フラワーカーパレード


10月17日(日曜日)に、「第56回名古屋まつり」の「フラワーカーパレード」に参加させて頂きました。
今年は名古屋開府400年の記念の年にあたり、私は「名古屋開府400年号」というフラワーカーに搭乗させていただきました。
写真左に映っているのは、DJのクリス・グレンさん。真ん中は、司会のゆかりさんです。
クリスさんは甲冑マニアで、この日身に着けておられた甲冑もご自分の物で、しかもご自身で作られたものなのです。重さが20キロもあり、制作費用300万円だと言われるからビックリ!
ゆかりさんは、もう4年もフラワーカーの司会をされているベテランの方で、すっかり大船に乗らせて頂き、助けて頂きながら、楽しくパレードをさせて頂きました。



「名古屋開府400年号」は全長がおよそ12メーター、名古屋市内の大勢のお花屋さんによって、色とりどりの生のお花を装飾していただき完成したフラワーカーです。

さて、皆さんは「なごや開府400年」という言葉をご存じですか?
名古屋城を造ったのは、徳川家康。徳川家康が9番目の息子義直の為に築城したのです。
関ヶ原の合戦後、江戸幕府を開いた徳川家康が、1609年江戸幕府の東海道の要所(重要な場所)として、また大坂への備えとして清須から名古屋へ城を移すことを決意し、翌1610年にお城を作り始めたのです。
工事は2年かかり、1612年に完成しました。
それと同時に徳川家康の命令でそれまで栄えていた清州城の城下町が名古屋に移転させられたのです。これを清州越(きよすごし)と言うのですが、これによって名古屋の街づくりが始まった訳です。
これを名古屋開府と呼び、それが1610年の事だったのです。そしてそれからなんと400年の歳月がたち、2010年の今年が、ちょうど名古屋開府400年に当たるという話なのです。



今年のテーマは「よういりゃーたなも 名古屋へ」
おもてなしの心を大切に、元気な名古屋に、世界中から沢山のお客様に来て頂いて、名古屋をもっともっと活気溢れる街へ、そして名古屋から日本中に元気を発信して行きたいですね。



私たちのフラワーカーには、開府40年祭のマスコットキャラクターの
「はち丸」と「だなも」も搭乗しました~!



「はち丸」は名古屋城築城とともに名古屋の街づくりが始まった、1610年に名古屋で生まれたお殿様です。可愛い顔をしていますが、実は今年400歳。おじいちゃんです~。
背負っている風呂敷の中には、願い星の「かなえっち」が入っているんですよ。
大好物はてんむす!
毎週のように、市内各地のイベントに参加していますので、出逢ったら、ぜひ応援よろしくお願いします~

そして、「だなも」はやっとかめだなも のだなもです。
だなもは、美しい自然と平和 スローライフを求めて、世界中を旅しています。
そのために、背中に背負っているリュックには、世界地図が入っているんですよ~。



そして、なごや開府400年のイベントはまだまだ続き、12月には素敵なプロジェクトが計画されています。
「なごやアカリナイト」というイベントなのですが、開府400年の節目に、華やかに輝くテレビ塔のライトアップや、きらめくオブジェなど、「あかり」をテーマにした、名古屋の新たな夜の祭典です。開府400年祭のフィナーレを飾る事業として、12月17日から25日クリスマスまでの9日間にわたって開催されます。
従来の電球や蛍光灯よりも寿命が長くて、省エネ効果の高いLEDを使って、趣向を凝らしたパフォーマンスを展開します。
誰もが明りを感じ、明りを楽しむイベントです。
「なごやアカリナイト」12月17日からです。ぜひ久屋大通公園にお出掛け下さい!

パレード中、沢山の皆様に声援を送って頂き、誠にありがとうございました。
名古屋がさらに元気で、活気溢れるステキな街になりますように…。
貴重な体験をさせて頂き、感謝の気持ちで一杯です。また明日からも頑張ります!

               

                      2010年10月17日 
                          神野 三枝



2010-10-11  博物館 明治村 公開生放送



10月11日(体育の日)に、東海ラジオ「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」の
公開生放送を、愛知県犬山市にあります博物館 明治村 芝生広場特設ステージで開催させていただきました。
今年も、大変大勢のお客様がお越し下さり、本当にありがとうございました。


         (宮地佑紀生さん)

秋だと言うのに、真夏のような暑さと、会場にお越しいただいたお客様の熱気で、オープニングから大いに盛り上がり、感謝の気持ちで一杯です。



恒例のインタビューコーナーでは、お客様の中へ…




また、クイズコーナー、ゲームコーナーではお客様に参加して頂き、相変わらずのハチャメチャな司会ぶりの私たち…(*o*)



大いに笑って、お腹がよじれて、汗がダラダラで、最高に楽しいひとときを過ごす事が出来ました。



生放送の後、ボクサーの大橋弘政選手がステージに上がって下さり、「来年タイトルマッチをします!」と、力強く宣言して下さいました!


          (大橋弘政選手)

皆様、暑い中、最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。
ただただ感謝の気持ちで一杯です。
ステージが無事終了し、カートで控室に戻る途中、皆さんは歩いて帰られるのに、横を通り過ぎていく私たちに声援を送って下さり、手を振ってくださっている姿を見ている内に、胸が一杯で、涙がこぼれてきました。こんな私たちでも、支えて下さる皆さんがいて下さるからウチの番組はあるのだと、いつも肝に銘じています。
その、応援のお気持ちに応えられるよう、これからも、一生懸命頑張ります。
今後とも、どうぞよろしく、お願いいたします。
誠にありがとうございました。
                 
                      2010年10月11日 
                          神野 三枝