2011-07-09  ご報告 “夢の大切さ”トークライブ

7月9日土曜日、各務原市民会館で開催された“夢の大切さ”をテーマにしたトークライブの司会をさせて頂きました。このトークライブは、社団法人 各務原青年会議所 創立40周年の記念事業で開催されたもので、夢を持つ事の大切さを、夢を叶えたプロたちにお聞きするというトークライブでした。



ゲストは、野球界から元中日ドラゴンズの立浪和義さん
    サッカー界から日本名蹴会会長の金田喜稔さん
          日本名蹴会の田口光久さん
    音楽界からTV「ベストハウス123」でおなじみのピストルバルブさん 
                      をお迎えしました。

午前中は各分野でプロを目指して頑張っている子供たちにゲストの方々から直接ご指導頂く、夢の教室が開かれ、午後はトークライブでした。



すべてのゲストの方に共通していたのは、子供のころから大好きで夢中になってやっていた事が、目指すはプロ!という夢に変わった事でした。そして、それについて親御さんが何も世話も焼かなければ、ほかっておかれた事です。もちろんその過程には協力はあったでしょうが、ゲストの方々が言われたのは、親は傍観者でいいという事です。大事なのは、いかに本人が自分の頭で考えて目標を持ち、目標に向けてまた考え、努力するか、だそうです。

よく、親のリベンジを子供に託す親がいます。そして、子供に期待を掛け過ぎて、本人の自己力を無視してしまうことになりかねない親。子供の夢にとって過保護はプラスになるとは限りません。そして、立浪さんはこう言われました。

「技術や腕よりも、挨拶!礼儀!」

挨拶と礼儀をわきまえた人間になりなさい。それがすべての道に通じるという意味です。


(各務原青年会議所の皆さんです。お世話になりました。)

2時間半に渡った長いトークライブでしたが、あっという間の時間に感じました。
幾つになっても次の目標を掲げ、夢を見続けていきましょう。

お越し頂きました皆様、誠にありがとうございました。

                          神野三枝



2011-07-01  “アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR”

話題の「アサヒビール スーパードライ エクストラコールドBAR」に行ってきました!



栄のラシックの南向かいにオープンしたBARは開店以来、連日長蛇の列。
凍結したドラフトタワーから



氷点下(-2℃~0℃)のスーパードライを注いでもらえるエクストラコールド。
1杯500円



自分で注ぐ体験もでき、体験者にはエクストラコールドマイスターの認定証が頂けます。
お食事も名古屋の味の魅力満載で、しかもリーズナブル!

(一品400円から500円ぐらいです) (私イチ押しのカツサンド)

8月31日までの期間限定BARです。
オ・ス・ス・メ です(#^.^#)

                       神野三枝