2012-07-03  “HABA”コマーシャル撮影 快調!

無添加主義でおなじみの化粧品メーカー“HABA”(ハーバー)さんのコマーシャル撮影をいたしました。



私とHABAとの出会いは
私が23歳の時でしたから、今から20年以上前に遡ります。
きっかけは、
私の肌に合う化粧品探しの旅で奇跡的に出会ったのがきっかけです

化粧品探しの旅というのは…

お化粧を始めたのは、18歳、短大1年の春でした。化粧品の知識も全くないまま、当時一番売れていた化粧品を一式買い揃えたのです。
ところが、化粧をするようになったら、しだいに顔にボツボツが出だし、みるみるうちにニキビだらけになってしまいました。顔中、ヒリヒリ痛いし、何を付けてもしみる始末。

「お化粧ってこんなに辛いものだったの?みんなよく我慢してるわね」と思ったのです。ところが、友達に聞いても、何ともないと言うのです。
という事は、この化粧品が私に合わないという事?そこからです。私の化粧品探しの旅が始まったのは。

それから私は、とにかく手当たり次第に、ありとあらゆる化粧品を使い始めました。
デパートに売っている化粧品は全部使ったと言っていい程です。
ところが何を使っても、同じ。最初は良いと希望を持てたような気がしても、すぐにまた、腫れる、痛い、しみる…。
一回使っただけで捨てたものもあります。基礎化粧品だけでなく、メイク類も、たとえば口紅。
付けたとたんに、みるみる唇が腫れ上がってきて、とてもじゃないけど付けていられない。もう泣けましたね。顔はどんどん汚くなっていくし、もう私はお化粧が出来ないんじゃないかと、絶望のどん底でした。
鏡を見るのが悲しかった日々

そんな日々を4.5年過ごしたでしょうか。
もうOLになっていました。ボロボロの顔を治療するために皮膚科に通っていた時です。
あるとき先生が「
あなたの顔に何が合わないのかを調べてみましょう。」と言われまして。
それで、「
パッチテストをするから、とにかくあらゆるメーカーのあらゆる種類の化粧品のサンプルを貰ってらっしゃい。」と言われたのです。

山盛りかき集めて持って行きました。それをB4版ぐらいの大きなシートに、一か所が親指の頭ぐらいの丸いガーゼの枠が200ぐらい付いているのですけど、ひとつひとつの枠に、化粧品を一つずつ付けていくのです。化粧品の他には、先生のほうで、さまざまな色の色素サンプルと、匂い、香料のサンプルを用意してくださって、それらも全部一つずつ付けて200サンプル、その大きなシートを背中にベターと貼ったのです。

これで、24時間後に剥がして、どれが赤かったり、かゆかったりしたかの反応を見るというものです。貼っていただき病院を出て、5分もたたないうちでした。背中がチリチリ~っとしてきたと思ったら、ウオ~ッ!声が出るぐらい、焼けただれたように背中が燃えるように、熱くて痛いのです。すぐさま病院に戻って剥がして頂いたのですが、背中はひどい状態になり、パッチテストも無理な程、
どの化粧品の成分にも体が拒否反応を示したのです

と、その時に、先生が「
あれ、この化粧品だけ反応が出てない」と言われたのです。
それが、HABAだったのです

結局、今思うとあれだけ
顔が汚くなったのは、添加物に肌が抵抗していたのですね

ある時は化粧品屋さんにこんなことを言われたことがあります。「化粧品で荒れるような弱い肌では、綺麗にはなれませんよ。肌を甘やかしちゃダメ。もっと鍛えなきゃ。」

でも私はそうは思いません。
美しい肌とは、自分の肌に何もトラブルがない状態。これが一番綺麗な自分の肌だと思います。ですから強いものをつけて鍛える必要などないと思うのです。お肌に優しい化粧品を使い、
自分の肌本来の健康な状態をバックアップして綺麗を引き出す。それが化粧品の役割であると考えます。きれいのもとは自分の中にあるのです。

そうしてHABAを使って20年になりました。
おかげで、若いころあれだけ悩んでいたのが嘘のように、40代になった今でも肌は元気です。
と言って、特に面倒なお手入れをしている訳ではありません。
メイクを落として、洗顔をしたら、Gローションという化粧水を付けて、最後にスクワランオイルを1滴付けるだけ。それだけです。

気が付けば20年以上、HABA以外の化粧品を使用したことがありません。
浮気をしてまた肌トラブルに悩まされるかと想像するだけでゾッとするからです。

もともと健康なお肌の人はより健康に、もともとお肌が弱い人はトラブルが出ないようにお肌の力をバックアップできるのがHABAという化粧品だと私は思います。

長年、自分で使い続けてきて、その良さをわかっているから皆様にも責任をもっておすすめできます。私はパーソナリティーですので、自分の生き方や考え方に合わない、イメージだけのコマーシャルやイメージキャラクターはお引き受けできません。
すべて自分が信頼できるものしか宣伝はお引き受けしません。なぜなら、私を信頼して下っているリスナーの皆さんに真実をお伝えするのが私の職業だからです。嘘のない心からの語り、それがパーソナリティーです。

今回撮影しましたHABAさんのテレビコマーシャルは九州地区で放送されるそうですが、今日はせっかくの機会ですのでこのブログで、私がいつも宣伝をしているHABAという化粧品と私とには実はこんな隠された信頼関係があったという事を書かせていただきました。

                        神野三枝