2009-10-31  ご報告 郵便局さん主催 トークショー

10月29日(木曜日)に、2010年のお年玉付き年賀はがきが、
全国一斉に発売されました。

そこで、
名古屋市中央郵便局 名古屋駅前分室 1階「ゆうプラザ」で、
「平成22年用年賀はがき発売開始キャンペーン」が、開催され、
私のトークショーを開かせていただきました。




朝8時30分からという、早朝にもかかわらず、大勢のお客様にお越しいただき、
大変嬉しく、また、とてもありがたかったです。



トークショーでは、私の過去の年賀状をご紹介させていただきました。
私は毎年、夏休み、冬休みに出かけた海外旅行で写した写真を使って、
年賀状を作っています。
その、幾つかの年賀状をご覧いただきながら、その旅先で起った、
とんでもないハプニング話をお話したり、それにまつわるクイズを出題したり、
楽しい時間はあっと言う間に、過ぎてしまいました。
最後は、私にとって生涯、忘れられない
大切な1枚の年賀状の話をさせていただきました。
これについては、また、このホームページの中か、オピリーナで書かせていただきますね。

さて、トークショーが終わり、9時のチャイムが流れましたら、
年賀はがきの販売開始です!
私も、A番窓口に立ち、販売のお手伝いをさせていただきました。



東海地方限定の地方版の図柄は「紅梅と富士」で、1200万枚を発行され、
「ディズニーキャラクター年賀」で、えとの寅(とら)にちなんだキャラクター「ティガー」も
可愛いですよ。

年賀はがきの投かんは、12月15日から受け付けです。


(イベントを企画、運営された郵便局の椿山さんと、終了後ホッと記念撮影)

普段、なかなか理由がないと、気持ちを文字にしては、届けにくいものです。
でも、1年に1度、そんな理由なしで、相手に気持ちを伝えられるのが年賀状です。
最近は、新年の挨拶を、メールや、電話で気軽に済ます人も多くいるようですが、
大事な人へこそ、その思いを、はがきに込めて届けて差し上げてあげて下さい。
皆さんの思いが、お相手に、たくさん届きますように…。



トークショーにお越し下さいました皆様、本当に、ありがとうございました。
そして、郵便局のみなさん、大変お世話になりました。

     ありがとうございました。

                           神野三枝



2009-10-25  ご報告 東邦ガスさん主催 トークショー

10月24日(土曜日)に、
東邦ガス主催「地主様・家主様のための資産活用セミナー」が、岡崎市の東邦ガスさんで開催され、第1回を記念して、私のトークショーを開かせていただきました。



第1部は、私のトークショーで、
おもしろ話から、人生話、社会話まで…
1時間ほど、お話させていただきました。




第2部は、
司会の星野有美さん、東邦ガスの細川裕也さん、宮崎博幸さんによる、
ガスセミナーが開かれ、私も一緒に勉強させていただきました。


    (手前から、宮崎さん、細川さん、私、星野さん)

セミナーに参加して、ガスの世界が、ものすごく進化している事を知りビックリしました。
私の中のガスのイメージは、「ツマミを捻ると火がつく」だけだったのですが、
今や、ガスもセンサー制御で、例えばコンロであれば、
自動で火加減を調節してくれたり、調理温度の自動設定ができたり、
安全のために、鍋などを置かなければ火がつかなかったりと、
便利と安全の工夫が、そこかしこに搭載されていて、目がテンでした。
ガスを使った、床暖房の、暖まり方の早わざ、エネルギーコストのお値打ちさにも、
感心いたしました。

そして、私にとって、まったく未知の世界であった「ENE・FARM(エネファーム)」
コマーシャルで、言葉は聞いたことがあるのですが、???何だろう???
これは、一般家庭で使われる都市ガスから取り出した、水素と空気中の酸素を、
化学反応させることで、電気を発生させる仕組みの事だそうです。
私が理解したところによると、家庭で、ガスの一部から電気を作って、
家庭の電化製品の、エネルギーに使えるというシステムのようです。

えっっつつ???ガスで電気を作る?私では、うまく説明できませんので、
東邦ガスさんのショールームへお出かけください。(((^^;)



      (今回のトークショーでお世話になった、東邦ガスの皆さんと、終了後に写した記念写真です)

トークショーにお越し下さいました皆様、誠に、誠に、ありがとうございました。
そして、鈴木準一支社長さん(私の向かって右隣の方です)はじめ、
東邦ガスのみなさん、大変お世話になりました。
ありがとうございました。
                            神野三枝


2009-10-16  ありがとうございました 公開生放送



10月12日(体育の日)に、東海ラジオ「宮地佑紀生の聞いてみや〜ち」の
公開生放送を、犬山市の野外民族博物館リトルワールドさんで、
開催させていただきました。
会場には、朝早くから、とても大勢のお客様がお越し下さり、本番の1時には
感謝してもしきれない沢山のお客様がお集まり下さいました。



3時までの2時間、お客様には、会場インタビュー、ゲーム大会、クイズ大会と、
大いに盛り上げて頂きました。

 

今回の音楽のゲストは、
はるばるドイツから演奏に来られていた「バイエルン音楽隊」の皆さんでした。
とても、陽気で、大ハッスルしてくださいました。

 

そして、なんと、なんと、
番組で話題にさせていただいている
ボクサー 
東洋太平洋スーパーバンタム級チャンピオン 大橋弘政選手が来て下さいました。
この写真は、大橋選手の許可をいただき、チャンピオンベルトをつけさせていただいた
貴重な写真です。



とても暑い一日でしたが、盛り上げ、応援してくださった皆様のおかげで、
心も熱射病になるほどの、想い出深い一日となりました。
本当に、ありがとうございました。感謝の気持ちで一杯です。
                     
                            神野三枝

2009-10-12  ご報告 一日警察官

9月26日(土曜日)に、「秋の交通安全運動」の一環として、

港警察の一日警察官に任命していただき、アピタ港店さんで行われた

「交通事故防止キャンペーン」に参加させていただきました。


朝9時45分 港警察に到着、すぐに、婦人警察官の制服に着替え



その後、署長室で、北村署長さんから委嘱状を頂き、アピタ港店さんへ移動

会場には、たくさんのお客様がお待ちくださっていて、本当に感激いたしました。



(画面、右の方は、松本警察官さんです。)



一日警察署長に任命された、宮地佑紀生さんから、

「誰一人として、被害者になっても、加害者になってもいけません。」

というお言葉があり、楽しく交通安全を学ぶイベントが開始されました。



交通安全の「ま・み・む・め・も」

ま…待つ

み…見る

む…無理をしない

め…目立つ

も…もしかして



(楽しく交通安全を説明される、川津さんと松田さん)

イベント終了後、港警察に戻り、感謝状をいただきました




交通事故は、わずかな不注意から起きてしまうものです。

ほんのわずかな油断が、人の健康も、命さえも奪ってしまう悲しい事故。

どうか、皆さん、交通ルールを守って、事故のない楽しい人生をお過ごしください。




(右から、宮地佑紀生さん、北村署長さん、川津警察官さん、私)

会場にお越しくださいました皆様、誠にありがとうございました。

港警察署の皆様、大変お世話になりました。

                            神野三枝


2009-10-08  ごあいさつ

このたび、オフィシャルホームページを公開させて頂くことになりました。
私の、原寸大の「心」と「頭」の中を、このページに綴ってまいります。
時々、覗いて頂けましたら、幸いです。


                 
(我が家のベランダにて撮影)
私は、太陽よりも月に憧れます。
暗闇をも優しく照らす光…。
そんな、女性でありたいと願います。

                     平成21年秋 神野三枝